甲状腺について
HOME > 甲状腺について

甲状腺とは

甲状腺は喉ぼとけの付近にある臓器で、体の新陳代謝を促進する働きを持ちます。

甲状腺の位置

甲状腺は首の前側、喉ぼとけのすぐ下に位置します。

甲状腺の位置

特徴

  • 右葉と左葉とそれをつなぐ峡部で構成されています。
  • 重さは20~30g程度です。
  • 上下方向に3~5cm程度の長さがあります。
甲状腺の特徴
正常の甲状腺は柔らかく、触ってもわかりませんが、腫れやしこりが生じると確認できます。

主な機能

甲状腺ホルモンの分泌
食事に含まれるヨウ素をもとに、甲状腺のホルモンを作り血中に分泌します。

主な役割

新陳代謝を活発にします。

甲状腺ホルモンとその役割

甲状腺ホルモンは、体の発育を促進し、新陳代謝を活発にする働きを持ちます。

甲状腺ホルモンの働き

甲状腺ホルモンの分泌に異常がある場合

甲状腺ホルモンが適切に分泌されない場合、原因不明の体調不良や疲労感が続くなどの様々な症状が現れます。
甲状腺ホルモンの分泌過剰による症状
  • 脈拍や体温の上昇
  • 体重減少
  • 全身の倦怠感
  • 不眠
  • 排便回数が増える
  • 甲状腺が腫れる など
甲状腺ホルモンの分泌不足による症状
  • 脈拍や体温の低下
  • 体重の増加
  • 全身の倦怠感 
  • 便秘
  • 気分が落ち込む
  • 甲状腺が腫れる など

甲状腺ホルモンを一定に保つ甲状腺刺激ホルモン(TSH)

甲状腺刺激ホルモン(TSH)は、甲状腺ホルモンバランスを調節する役割を持ちます。
甲状腺刺激ホルモン(TSH)は脳下垂体から分泌され、甲状腺ホルモンの分泌量を一定に保つよう指示します。

甲状腺ホルモン

甲状腺異常の症状

甲状腺異常が生じると様々な症状が見られます。

甲状腺機能亢進によるもの

甲状腺ホルモンの分泌が多い

主な症状
  • 暑がりである
  • 脈拍数が多く動悸がする
  • 手足がふるえる
  • 汗が異常に多い
  • 食欲が旺盛である
  • イライラする
  • かゆみがある
  • 口が渇く
  • 不眠
  • 微熱が続く
  • 息切れがする
  • 排便の回数が増える
  • 眼球が出てくる

甲状腺機能低下によるもの

甲状腺ホルモンの分泌が少ない

主な症状
  • 寒がりである
  • 脈拍数が少ない
  • むくみ(顔・全身)
  • 体重が増える
  • 気力がない
  • 皮膚が乾燥する
  • 声が枯れる
  • 眠気を感じる
  • 物忘れしやすい
  • 動作が鈍い
  • 便秘
  • 筋力が低下する
共通する症状
  • だるさを感じる
  • 疲れやすい
  • 髪の毛が抜ける
  • 甲状腺が腫れる
共通する症状

甲状腺異常の病気

甲状腺異常から生じる病気は、甲状腺ホルモンの分泌量異常などから発生します。

甲状腺異常の病気
甲状腺に関するお問い合せはこちら
TOP
つちうら糖尿病内科クリニック
Copyright (C) つちうら糖尿病内科クリニック All Rights Reserved.

〒300-0036 茨城県土浦市大和町9番2号ウララ2ビル201